【バンクーバー乗り換え】香港からニューヨークCX888便

キャセイパシフィック航空機 海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!Kanako (@eco.japan)です。

この記事を読んでいる方は、おそらく私と同じような疑問を持っているのではないでしょうか。CX888便は香港発バンクーバー経由ニューヨーク行きの、キャセイパシフィック航空のフライトです。

このタイプのフライトは少し特殊で、香港からニューヨークまで行く人と、バンクーバーでカナダへ入国する人が香港から乗っています。

スポンサーリンク

香港からバンクーバーへ

香港国際空港

まず香港を出発すると12時間ほどでバンクーバーへ到着します。香港からバンクーバーまでのフライトでは食事が2回出ます。1回目が、離陸後にディナー。2回目がバンクーバー到着の2時間前ぐらいに朝食?がでます。

12時間のフライトですが、個人的にキャセイパシフィック航空のフライトが好きなので、長時間でもそこまで苦痛を感じませんでした。

バンクーバー国際空港で乗り継ぐ

バンクーバー国際空港

12時間のフライト後バンクーバーに到着です。ニューヨークへ行く人も含め全員バンクーバーで荷物を持って降り、カナダへ入国する人は左の入国審査場へ、ニューヨークへ行く人は右のWaiting room (待機室)へ行きます。

ここで荷物チェックとボディチェックをうけます。簡単なチェックをするだけなので、ちょっと適当だなと思いながらも…水は全て没収されますが、後で無料の水が配られます。

CAのデスクの前に大量のペットボトルの水が置かれているので、自分で取りに行きます。飛行機の準備ができるまでここで待機です。

待機室には無料wifiがあり、充電できるエリア、トイレ、小さなお店があります。写真の奥に見える小さなお店が1つあるだけで、免税店などは一切ない特別なエリアになります。(2018年6月現在)

Waiting room(待機室)だけでの乗り継ぎですが、カナダeTAビザが必要です!出発前にキャセイパシフィック航空に電話で問い合わせたところ、必ず申請してくださいと言われました。また、機内でCAさんにeTAはなぜ必要なのか確認されているお客様がいましたが、規則で決まっていることだからというような回答をされていました。

電子渡航認証(eTA)から公式サイトから申請可能です。

バンクーバーからニューヨークまで

キャセイパシフィック座席

もう一度同じ飛行機の同じ席に座ります。バンクーバーの夜に出発してニューヨークの朝に到着するフライトです。カナダへ入国した人もいるので、ニューヨークへ行くフライトでは人が少し減ります。便にもよるかもしれませんが、私は隣が誰もいなくなり3席を独り占めでした。

約5時間ぐらいで到着なので、このフライトで睡眠をとると時差ボケも少し防げるかと思います。離陸後、夕食が一度でます。

日本から香港のフライトで1回、香港からバンクーバーのフライトで2回、バンクーバーからニューヨークのフライトで1回、計4回食事がでます。

余談:ベジタリアンミール

余談ですが、キャセイパシフィック航空はサイトから食事の種類を選ぶことができます。ベジタリアン用や子供用の食事も簡単にオンラインで選択できるので、予約番号と名前でログインし、スペシャルミールが必要な方は選択するのがおすすめです。

食事は他の乗客の方より先にでます。離陸後にCAの方がスペシャルミールの確認に来られます。

公式サイト「キャセイパシフィック航空」の予約確認から変更できます。

タイトルとURLをコピーしました