世界の漬物:各国の代表的な漬物とその特徴

簡単手作りヴィーガンキムチ 知識
スポンサーリンク

世界のユニークな漬物をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

キムチ ・Kimchi(韓国)

白菜や大根などの野菜を唐辛子、にんにく、しょうがなどで発酵させた韓国の代表的な漬物。

ピクルス ・Pickles(アメリカ)

野菜や果物を酢や塩水で漬けたもの。ハンバーガーやサンドイッチのトッピングとして有名。

ザーサイ・Zha Cai (中国)

日本でもおなじみのザーサイ(搾菜)ですが、 中国を代表する漬物で、特に南部の四川料理には欠かせない漬物です

created by Rinker
桃屋
¥432 (2024/07/17 22:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

アチャール・Achar(インドやマレーシア)

野菜やフルーツを油、香辛料、酢で漬け込んだ南アジアのピクルス。

created by Rinker
¥680 (2024/07/17 22:29:30時点 楽天市場調べ-詳細)

パッカードーン(タイ)

「パッカードーン」はタイの典型的な漬物で、野菜の葉っぱが漬けられたものです。

カーファオムオイ・Ca Phao Muoi(ベトナム)

「カーファオムオイ」はベトナムの家庭でよく食べられている小なすの塩漬けです。

アチャラ・Atchara(フィリピン)

「アチャラ」はフィリピンの代表的な漬物で、「パパイヤ」を使った甘い味付けの漬物です。

ラペソー(ミャンマー)

ミャンマーには、「ラペソー」と呼ばれる食べるお茶があります。ミャンマーの言葉で「お茶」を「ラペ」と言いますが、「ラペソー」は「湿ったお茶」という意味です。この「ラペソー」はミャンマーの伝統的な漬物で、ごはんのおかずとしてだけでなく、他の野菜と混ぜてサラダとしても楽しまれています。

サワークラウト・Sauerkraut(ドイツ)

白キャベツを発酵させて作る、ドイツや中欧で一般的な漬物。

created by Rinker
アリサン
¥1,580 (2024/07/17 22:29:31時点 Amazon調べ-詳細)

ケッパー・Capers(イタリア)

イタリアでは、パスタ、サラダ、さまざまな料理の薬味や調味料として広く利用されています。ケッパーは、木の花のつぼみが原料であるとされています。イタリアでは、ケッパーを「カッペリ」と呼ぶそう。

created by Rinker
¥1,580 (2024/07/17 22:29:31時点 楽天市場調べ-詳細)

プリザーブドレモン・Preserved Lemon(モロッコ)

レモンを塩漬けにした「プリザーブドレモン」は、モロッコ料理の代表的な調味料です。タジンやクスクス、焼き物料理などに広く使用されており、家庭ではよく手作りされています。フランスではcitronsconfitsとして知られています。

created by Rinker
¥1,233 (2024/07/17 22:29:31時点 楽天市場調べ-詳細)

トールシ・Torshi(中東)

野菜を酢や塩水で漬け込んだ漬物。

まとめ

他に何か見つけたらまた紹介します。

タイトルとURLをコピーしました