【完全版】フランスのAmazonで注文・返品方法!

アマゾン フランス フランス生活
スポンサーリンク

今回は、アマゾンについての記事を書きます。Amazonが届かない、返品がわかりにくいという声を聞いたので、今回フランスのど田舎、都市、パリでアマゾンを注文した時のお話と、注意点を紹介します。アパート・戸建てどちらも経験済みですが、今のところ100%商品を受け取っています。

今もよくAmazonを注文しますが、届かなかったことはまだ一度もありません。

スポンサーリンク

住所を登録する

まず住所から確認していきましょう。フランスの住所はシンプルなのですが、略されていることも多いので、正式な名前を登録しましょう。もしかすると、届ける方が略語がわからないという可能性も含めて正式名にします。私も自分が配達員で、略語だらけだったらわからないと思います笑

略語 正式名
ALL Allée
AV Avenue
BAT Bâtiment
BD Boulevard

アパートの場合の注意点

パリのアパートの場合ですが、アパートによって違うと思うので、こちらに関してはしっかりとアパートのどの部屋なのかが配達員の方に伝わるように書きます。例えば「2ème étage, porte gauche(2階左側)」のように。

住所登録に「Ajouter instr. de livraison(配達情報の追加)」があるのですが、そちらをクリックし、「Code d’accès(アパートのアクセスコード)」を入力、もしくは「Interphone(インターフォン)」情報を入力します。

余談ですが、アクセスコードはなくても、パリのアパートのドアは全部同じ鍵らしく、配達員の方はその鍵を持っているので、入れるそうです。同じ鍵ならあんまセキュリティの意味なくない?という感じですが。疑問に思って配達員の方に聞きました。しかし、持っていない方もいるので、書き忘れると電話がきます。特にフランス語に自信がない方は、コードの書き忘れのないようにしてください。

レジデンス・戸建て

2階建のレジデンスの場合(1階が庭付きのような家)は、庭の前のフェンスにインターフォンやポストがあると思います。もちろんポストに入らない場合は、基本インターフォンを鳴らしてくれます。

家にいない場合は、庭においてほしいなどと指示もできます。住所登録に「Ajouter instr. de livraison(配達情報の追加)」から、「Où devons-nous laisser votre colis à cette adresse ?(どこに荷物を置けばいいか)」を選び、適当なものを選びます。Porte avant(ドアの前)などから選びます。

追加でメッセージを書いておきました。「Si nous ne sommes pas là, merci de déposer le colis devant la porte d’entrée, dans le jardin. Merci !(もし私たちがいなければ、荷物を庭に入って玄関のドアの前に置いてください)」

電話番号

必ず電話番号を入力してください。住所がわからないと、配達員の方から電話がかかってくることがあります。電話には気づいていたものの、レッスン中だったため電話に出れず不在票が入っていたことがあります。かかってこないこともあります。

荷物受け取り

基本ドアの前に置くように設定しておくと、インターフォンを鳴らすことはありませんが、時々インターフォンを鳴らすことも。その場合、私は出るのがいやなので、ドアは開けずに「ドアの前においてください」と言います。「déposez le colis devant la porte, s’il vous plaît(デポゼ・ルコリ・ドゥヴォン・ラポットゥ・シィルヴプレ)」などでOKです。

不在連絡票・再配達のお願い

Suivre votre colis(荷物の追跡)から荷物がいつ届くか、また再配達の手続きができます。再発送手続きの方法ですが、まずはSuivre votre colis(荷物の追跡)をクリックして、以下の情報を確認します。

  • Expédié avec La Poste(La posteで発送)
  • Numéro de suivi(追跡番号)

「Veuillez contacter La Poste(La posteにご連絡ください)」というボタンをクリックすると、配達業者の一覧が出てきます。そこから、La posteを選び「Suivi des colis(荷物を追跡)」をクリック。

  • 追跡番号入力し「Rechercher(検索)」クリック
  • 「Reprogrammer ma livraison(再配達予約)」クリック
  • 「Code postal de livraison(配達先の郵便番号)」入力して「Valider(確認)」クリック
  • 「A votre adresse(あなたの住所)」もしくはEn bureau de poste ou dans le point de retrait de votre choix(郵便局、または 近くの受取スポット)を選ぶ。

どちらかを選びメールアドレスなどを入力していけば完了です。

返品する場合

返品の場合は、まず購入履歴から「 Voir l’état des retours/remboursements(返品について)」から返品します。すると、バーコードが表示され、UPSに行くようにと指示があります。UPSに関してはパリの場合、8区にある配送業者「Mail Boxes Etc. Centre Mbe 3198」へ持って行き、アマゾンで購入した商品の返品をしました。こちらとてもスムーズで、バーコードを読み込み、すぐ商品を包んで準備してくださいました。

無事返金もされました。パリの方もしお近くであれば、おすすめです。

おまけ

パリのかわいいLINEスタンプ販売しています。

LINEスタンプ

治安情報

フランス旅行では、スリとの遭遇が頻繁に起こる可能性があります。

万が一に備えていくつかの基本的な対策を取ることが重要です。

  1. 海外旅行保険付帯のクレジットカードを利用する。
  2. 現金は最小限で、基本的にはクレジットカードでの支払い。
  3. 安全面を重視して、良質なホテル、治安の良い地区を選ぶことが重要である。

事前予約

スムーズにフランス旅行するためにも、事前予約はおすすめ

またパリのミュージアムパスがあるので、短期間の滞在で多くの観光地を訪れたい方にはこちらを事前に購入するとお得に旅行できます!

Paris Museum Pass(パリミュージアムパス)

Powered by GetYourGuide

おすすめフランス語教材

フランス旅行へ行く前に勉強したい方にもおすすめ教材。

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/18 09:22:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2024/04/18 09:22:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,420 (2024/04/18 09:46:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥8,580 (2024/04/18 09:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

日常会話

フランス旅行に役立つ日常会話。

【フランス語】でパンを注文!パリ在住が教えるパン屋さんで使える会話まとめ
フランス旅行で役立つフランス語会話ガイド:パリでのパン屋さんでの注文方法などをまとめました。バゲットやクロワッサンのオーダーに役立つフレーズが満載です。パリ旅行を予定している方にとって、参考になればと思います。
【フランス語】パリ在住が教える!カフェでの注文に使えるフランス語
フランスのチェーン店(Pret A Mangerなど)での注文に役立つフランス語フレーズを紹介しています。メニューや注文の際に使えるフランス語表現をまとめています。フランスでの食事体験をよりスムーズに楽しむために参考にしてください。
【フランス語】で買い物!パリ在住が教える!レジで聞かれる会話まとめ
フランス旅行やパリ旅行中に役立つレジで使えるフランス語表現をまとめました。レジ袋やポイントカードの利用方法、支払い方法などを詳しく解説しています。現地でスムーズな買い物を楽しむための必須フレーズを押さえておきましょう。フランス旅行をより充実させるために、ぜひこの情報をご活用ください。

まとめ

フランスでアマゾンを使うなら、住所をはっきりわかりやすく登録することが一番のポイントになると思います。また、不安であれば、再配達は自分で郵便局にとりに行くなどするものいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました