【完全版】ペットと一緒に移住準備④ 犬と猫をエールフランスでチェックイン

エールフランス 猫 犬 フランス移住手続き
スポンサーリンク

こんにちは!フランス在住のKanako (@sushi.voyage)です。

今回は、動物検疫所での手続きが終わりエールフランス航空での猫と犬のチェックインについての記事です。参考になればと思います。手続き内容などは異なる可能性があるため、こちらの記事は参考程度にお願いいたします。

スポンサーリンク

引っ越しの様子Youtube

実際に引っ越し引っ越しの様子を動画にしたので、よかったら参考にしてください。チャンネル登録もお願いします!

手続き

エールフランス 猫 犬

12:30出発の飛行機で、9:30からチェックインが可能でした。私たちは、検疫所での手続き後、10:00にチェックインカウンターへきて手続きをしています。チェックインは3時間前から可能なため、長い列ができています。しかし、プレミアムエコノミーにグレードアップすることで、スカイプライオリティになり、チェックインが優先になります。

また、スーツケースの受け取り、荷物室に預ける動物たちも優先になります。エールフランスでは動物を連れての場合、ビジネスクラスは無理なので、アップグレードはプレミアムエコノミーまでとなります。

チェックインが優先でできたため、長い列に待つストレスもなく、スムーズにチェックインできました。

チェックイン

エールフランス 猫 犬

一つ一つのケージのサイズと重さの確認が行われます。また、契約書にサインし、6匹で約1時間ほどかかりました。

輸送料の支払い

エールフランス 猫 犬

ケージ5つでこの日のレートで、215,000円でした。機内は、125ユーロで、荷物室が400ユーロです。

荷物室に預ける

関空 猫 犬

猫たち4匹(3つのケージ)を預けました。1つのケージに姉妹2匹を1つのケージに入れました。というのも、この姉妹はどんな時でも常に一緒に行動しているので、逆にバラバラにされるとパニックになると判断したためです。本来なら1匹1つのケージが望ましいのではないかなと思います。

※給水ボトルなどは取り付けができないため、ぎりぎりまで水をあげられるように、水とお皿を準備してあげてください。

荷物室に預ける猫たちをお迎えに来てくださる方をチェックインカウンターで待ちました。カートに3つのケージを移動して、連れて行ってくださいました。ぎりぎりまでお見送りできました。スーツケースなどと一緒にされなかったのが安心でした。我が家の猫たちにもとても優しく、安全に輸送できるようにお任せくださいと言ってくださったこと、空調が機内と同じこと、電気もついているという話を直接聞けてより安心して預けることができました。

まとめ

ペットと一緒に移住準備⑤

【完全版】ペットと一緒に移住準備⑤ 犬と猫の機内の過ごし方・CDG空港に到着
エールフランスで関西空港からCDG(シャルルドゴール空港)までプレミアムエコノミーで猫と犬を連れて行った時の体験談です。

Youtubeには、実際に引っ越しした様子を投稿し始めました。また毎日インスタグラムのほうでフランスでの毎日を投稿していますので、よかったらフォローお願いします。

Youtube:SushiVoyage

フランス生活:@sushi.voyage

猫アカウント:@rescued_cat_gang

犬アカウント:@bera_the_rescued_mama

 

タイトルとURLをコピーしました