【完全版】ペットと一緒に移住準備⑤ 犬と猫の機内の過ごし方・CDG空港に到着

CDG空港 猫 フランス移住手続き
スポンサーリンク

こんにちは!フランス在住のKanako (@sushi.voyage)です。

今回は、エールフランスの機内での犬と猫の過ごし方と、預けた猫たちの受け取りについてまとめてみました。参考にしてください。AF291の関空12:30出発の便で行きました。この便は離陸してからずっと機内が夜の状態だったので、落ち着いて機内で過ごすことができてよかったです。

スポンサーリンク

引っ越しの様子Youtube

実際に引っ越し引っ越しの様子を動画にしたので、よかったら参考にしてください。チャンネル登録もお願いします!

機内への持ち込み

飛行機 猫

機内にはごはんと、給水ボトルを3種類持って行きました。一つは犬のベラ用、給水器は猫のルーちゃん用です。

CDG空港 猫

ルーちゃん(猫)の給水は1、2時間に1回ほどしました。トータル100mlほど飲んでいました。

機内のスペース

エールフランス 猫

プレミアムエコノミーは20人しかいないエリアでスペースはエコノミーの40%多いそうです。キャリーを足元に置くため、もっとスペースに余裕を持つため、プレミアムエコノミーを選びました。離陸と着陸は、膝の上にキャリーを置いていました。また座席と座席の間にキャリーが置けるスペースがあったので、時々写真のように置いていました。

機内での様子

うちの猫は終始落ち着いていました。キャリーの中には大好きなぬいぐるみを入れて、鼻ぺちゃカテゴリーの猫なので呼吸に問題がないよう、キャリーも大きくできるものにしました。また、キャリーの中が乾燥しないように、水に濡らしたタオルを入れておきました。

機内食のヴィーガンミール

CDG空港で猫の受け取り

CDG空港 猫

CDG空港でペットのケージの受け取りはこちらになるそうです。私たちはターミナル2Eに到着しました。まずはスーツケースを受け取り、それから猫たちの受け取りに行きました。こちらですが、セキュリティの方が1名だけで、何もチェックがなかったので、本当に怖かったです。日本から作って行った書類も確認がなく、私たちのパスポートの確認もなく、すぐに到着口へ行くことができました。

CDG空港 猫

プレミアムエコノミーは優先でスーツケースの受け取りができるので、1番に4つのスーツケースを受け取ることができました。また、ペットのケージも優先だったため、スーツケースを受け取ってすぐに向かったにも関わらずすでに猫たちが待っていました。

まとめ

Youtubeには、実際に引っ越しした様子を投稿し始めました。また毎日インスタグラムのほうでフランスでの毎日を投稿していますので、よかったらフォローお願いします。

Youtube:SushiVoyage

フランス生活:@sushi.voyage

猫アカウント:@rescued_cat_gang

犬アカウント:@bera_the_rescued_mama

 

タイトルとURLをコピーしました