【環境問題】海洋プラスチックは46%漁網が原因!

海洋プラスチック漁網 環境問題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!Kanako (@eco.japan)です。

今回は海の問題についてまとめてみました。魚を食べることと環境問題にどういった関係性があるのでしょうか。

スポンサーリンク

46%は漁網?!

漁網あざらし

もちろん、ビニール袋やストローなどのプラスチックも海洋プラスチック問題の一つですが、一番の原因は漁網。太平洋ゴミベルト(世界で最も多くのゴミが集まる海域)の46%は漁網だということもわかっています。

ゴミの46%を化学繊維の漁網が占めており、その他にもロープ、養殖カキの間隔を空ける管、ウナギを捕るわな、かご、箱といった漁具が含まれることも明らかになった。

太平洋ゴミベルト、46%が漁網、規模は最大16倍に

どの魚と食べて、どの海の生き物を助けるんのでしょうか。亀、あざらし、イルカは助けて、その他の魚介類は食べますか?

5キロの不要な動物?!

1キロの魚を獲るのに、5キロの不要な動物が入ってしまうのも大きな問題です。ストローやビニールを食べてしまった可哀想な海の動物の写真が拡散されますが、可哀想だという気持ちがあるなら脱プラだけでなく、魚を食べないという選択も考え直してみてください。

日焼け止めがサンゴ礁を殺す?!

リーフフレンドリー

パラオでは2020年1月より、サンゴ礁を守るため多数の日焼け止めの販売、使用や輸入禁止。また、ハワイでも、2021年1月からサンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めが禁止になります。環境のためにもサンゴに安全な日焼け止めを使用してください。

【おすすめ】ヴィーガン日焼け止め5選:珊瑚にも優しい!
パラオやハワイでも日焼け止めが禁止になりました。日焼け止めと環境問題。サンゴ礁に優しいリーフセーフ(リーフフレンドリー)、ヴィーガン(ビーガン)、クルエルティフリー(動物実験なし)の日焼け止めを紹介します。

オキシベンゾンやオクチノキサートについて、海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて海水に流れ込んだりして、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす原因となり、やがてサンゴを死滅させるという調査結果を発表していた。

ハワイの日焼け止め規制法が成立、サンゴ礁に有害な成分を禁止

海が酸素を供給?!

これもあまり知られていませんが、実は海がなくなれば人間も終わりです。なぜなら、海が酸素をくれるから。そして、海は93%の熱を吸収してくれる。

海中の植物プランクトンや海藻は、光合成により生物の呼吸に必要な酸素を供給しますが、その量は大気中の酸素の50%とも、85%とも考えられています。

海の仕組みや歴史、海洋問題が地球に及ぼす影響を知っていますか?

大気中の酸素の50から85%は海から来ています。また、ここ数年で酸素のない海域「デッドゾーン」が拡大しているのも大きな問題です。これには畜産業からの廃棄物(糞など)が大きく関係しています。

<「デッドゾーン」と呼ばれる低酸素海域が急速に拡大しており、海洋生物や漁業などにもたらす影響は、私たちの予測を超えている可能性があるとの研究が発表された……>

二酸化炭素濃度の上昇や海面上昇に伴って、「デッドゾーン」と呼ばれる、溶存酸素濃度が極めて低い「酸素極小層(OMZ)」が世界で拡大している。

酸素のない海域「デッドゾーン」が急速に拡大しており、甚大な影響を及ぼす

海洋問題まとめ

  • 太平洋ゴミベルトの46%は漁網
  • 漁業では1キロの魚を獲るため5キロも不必要な魚が入ってしまう
  • 酸素のない海域「デッドゾーン」が増えている
  • 日焼け止めの成分でサンゴ礁が死んでいる
  • 魚は無限にないため、今のままでは魚が絶滅する

わたしたちにできること

魚を食べるのをやめることが、漁網を減らすために私たちができることです。魚からの栄養素オメガ3についても、フラックスシードやチアシードから摂取することができます。

【ヴィーガン】オメガ3は何から摂取するの?
ヴィーガンのオメガ3(n-3系脂肪酸)α-リノレン酸、日本人のオメガ3の目安摂取量などを紹介しています。くるみ、チアシード、フラックスシードオイル(アマニ油)、えごま油、サプリメントを紹介しています。

もちろん魚を食べないだけでなく、プラスチックを減らす生活を心がけていきましょう!洗濯や食器洗剤からでるマイクロプラスチックを減らすためにも、洗濯用ネット、スポンジをへちまやセルロース に変更。

地球に優しいライフスタイルについてまとめた記事もぜひお読みください↓

【ゼロウェイスト】2020年からエコでサステイナブル生活!
ゼロウェイスト、サステイナブル、エコな生活していますか。環境汚染、環境破壊、様々な環境問題がありますが、ここでは日頃の生活で私たちにできる環境への取り組みを記事にまとめました。iHerb購入品のおすすめも紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました