【まとめ】太地のイルカの追い込み漁

イルカ追い込み漁 ヴィーガン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!Kanako (@eco.japan)です。

イルカの追い込み漁について知らない日本人は多いのが現状です。そこで、今回は他の活動家さんのブログや、団体さんのブログを参考に簡単にまとめてみることにしました。

スポンサーリンク

イルカの追い込み漁とは

太地町では、毎年9月1日から翌年2月末日まで行われます。

  • 遺体販売(鯨肉食)
  • 生体販売(水族館等に販売)収入が多いのは生体販売である。

生体販売は、水族館、リゾートホテル、ドルフィンセラピー、ふれあい体験、ドルフィンスイムといった娯楽商材利用、教育研究利用、軍事利用等を目的として行われるそうです。

捕獲されたイルカたちは海外に販売される。主要販売先は中国で、2000-2015の販売先は、中国216頭、ウクライナ36頭、韓国35頭、ロシア15頭など12カ国。

その中国へイルカを日本から買わないでという、ハガキアクションは以下のブログでご確認ください。

ハガキアクション→【イルカを助けて!ハガキアクションご協力のお願い

イルカの追い込み方法

ここでは一部のみの紹介です。詳しい追い込み方法は「太地町 イルカ漁ドキュメンタリー」をお読みください。内容、お写真、動画をお借りいたしました。

イルカは一緒に遊びたい好奇心で船に近づいてくるそう。その近づいて来たイルカたちを追いかけ、捕獲または殺します。若い男性のイルカは体力と気力で逃げることができても、必死で子どもを守ろうとする母親や、弱い仲間を守ろうとするイルカたちは、例え自分が逃げることができても、守るために残るそうです。

音を使う

イルカ追い込み漁

バンガーは、金属でできた棒である。金属の棒にオイルが充填してあり、さらに棒の先端は広がっており、音が拡散しやすいように作られている。この棒を水中に差し込み、金槌で叩くことによって水中に轟音を出し、イルカをパニックに陥れ、音で囲い込み、追込んでいく。

10時36分 バンガーを叩くイルカ猟師/10:36am Hunters banging the bangers

イルカは超音波を使い、コミュニケーションしているのを知っている人は多くイルカと思います。バンガーの音はイルカのコミュニケーションを混乱させるために使用されます。パニックになったイルカはパニック全速力で泳ぎ、体力を奪われ、呼吸が浅くなり、深く潜れなくなります。

コーヴへ追い込む

コーヴ太地

コーヴ(Cove)とは、入り江のことで、映画「ザ・コーヴ」や活動家の活動により、残虐性が知られた。以前は誰でも見ることができる場所で行われていたそうですが、現在は見えない位置にある小さな入り江(コーヴ)で選別と屠殺が行われているそうです。

もっと詳しいイルカの追い込み漁については、「太地町 イルカ漁ドキュメンタリー」をお読みください。

LIB〈リブ〉動物解放団体
公式サイトYouTubeフェイスブックツイッターインスタグラム

映画:The Cove

The Cove (DolphinBay)

イルカの追い込み漁の記録

イルカの追い込み漁が始まった2019年9月から2020年2月までの記録は「イルカ猟師とイルカトレーナーらによる拉致監禁殺害行為~太地町で犠牲になったイルカ達の情報まとめ」にて詳しい詳細を写真と共に確認することができます。

2019年11月22日

イルカトレーナーが膝でイルカの頭を押している様子。本当にイルカが好きならこんなことするのでしょうか?イルカショー、水族館へ行かないでください。

Dolphin Trainer Knees Dolphin Into Sling

Taiji: Extreme aggression was shown towards this struggling dolphin at the Taiji Whale Museum pens this morning. One of the trainers forcefully pushed her knee into the head of the bottlenose as it was wrestled into submission during a transfer to another pen. These trainers claim to love and care for these dolphins, yet their actions demonstrate the complete opposite. Never visit a facility that holds dolphins captive. November 22, 2019 11:01am #dolphinproject Pledge NOT to buy a ticket to a dolphin show: dolphin.fyi/DolphinPledge

Ric O'Barry's Dolphin Projectさんの投稿 2019年11月21日木曜日

イルカの追い込み漁には、漁師だけでなくトレーナーも参加します。水族館などに売るイルカの選別を行ます。つまり、選ばれなかったイルカは殺されてしまいます。殺されてしまうと海は血の色で真っ赤になります。

イルカ追い込み漁

2020年1月9日

もしこのような出来事が自分に起こったらどうだろう。誘拐?拉致?法律で守られるのは人間だけで、その他の動物には自由に生きる権利すらないのでしょうか。どうして人間は地球は人間だけのものだと思い込んでいるのでしょう。

Wild Dolphin Capture for Sale to Marine Parks

The only thing keeping Taiji's dolphin hunts financially sustainable is the demand for captive dolphin displays. Dolphins captured here- like the 14 bottlenose dolphins captured yesterday- are sold to marine parks and aquariums around the world. Please share this footage and urge your friends and followers to NEVER visit dolphins in captivity: dolphin.fyi/DolphinPledge#DolphinProject #ThanksButNoTanks #TheCove

Ric O'Barry's Dolphin Projectさんの投稿 2020年1月9日木曜日

2020年2月4日

イルカ追い込み漁

捕獲されパニックになったイルカに、注射を打つトレーナー。落ち着かせるための薬でしょうか…

写真と動画はドロフィン・プロジェクトから。イルカを守ろうと世界中で活動されており、イルカの追い込み漁の記録を撮り続けている団体。多くの方がヴィーガンだそうです。

Dolphin Project(ドルフィンプロジェクト)
公式サイトフェイスブックツイッターインスタグラム

まとめ

イルカの追い込み漁について、おわかりいただけたでしょうか。こちらの記事では簡単にしかまとめておりませんが、先ほども紹介したブログや団体さんの公式サイトやSNSを確認していただければと思います。

私たちにできることは、イルカショーを見に行かない、水族館のチケットを買わないこと、イルカの追い込み漁について家族、友達、SNSなどで広めていくことです!一刻も早く、全ての動物が自由に暮らすことができる世界にしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました