ベジタリアン・ヴィーガン向けレストラン5選【京都】:ベジタリアンとヴィーガンの違い

vegout

ベジタリアン、ヴィーガン対応のお店はあまりないのが現状です。今回は京都で見つけたおすすめベジタリアン、ヴィーガン対応のレストランを紹介します!

ベジタリアンとは

  • Vegan(ヴィーガン):植物性食品のみ。動物性素材の服なども使用しない。
  • Lacto-Vegetarian(ラクト・ベジタリアン):植物性食品+乳製品(チーズや牛乳は可)
  • Lacto-ovo Vegetarian(ラクト・オボ・ベジタリアン):植物性食品+乳製品+卵
  • Pesco-vegetarian(ペスコ・ベジタリアン):植物性食品+乳製品+卵+魚
Kanako
このようにベジタリアンといっても種類も様々です。私たちは「ラクト・ベジタリアン」から、最近完全に「ヴィーガン」になりました。

ヴィーガンについては以下の記事に詳しく書いています。

ヴィーガン

【3分でわかる】ヴィーガンとは何か?ヴィーガンまとめ

2019年7月2日

Ain Soph Kyoto

ainsophjourneykyoto
ヴィーガンバーガー

東京にもいくつか店舗がありますが、関西では京都のこちらのお店のみになります。(2019年4月現在)Ain Sophはヴィーガン料理を提供するレストランです。

ヴィーガンバーガー、タコライス、デザートは卵を使用しないクリームブリュレやガトーショコラがおすすめです。

アクセス:京都市中京区新京極通四条上ル中之町538-6

電話:075-251-1876
営業時間:12:00-17:00(L.O.16:00)18:00-22:00(L.O.21:00)
定休日:公式サイトで確認してください。
公式サイト:アインソフ ジャーニー 京都店 AIN SOPH.Journey KYOTO

mumokuteki cafe

京都で大人気のヴィーガンレストラン。ランチタイムはいつもかなり混雑しています。コンセプトがとても素敵なので、引用させていただきました。

「食べること」
人がいきる上で大切な食べること。
mumokuteki cafeでは自然の味をそのままに美味しく調理し、みなさんの暮らしに小さな感動と安心を届けたい想いです。
農作物の安心を分かち合いたい、大切な人に豊かさを届けたい。
私たちと同じように野菜やお米にも生まれた場所があり、育ててくれた地域や自然に向き合う作り手がいます。
mumokuteki cafeが目指す体や環境にいいことは一つの食物を通して、土の匂いや作り手の想い、人の繋がりを未来へ伝える大切な役目だと思っています。

https://mumokuteki.com/cafe

アクセス:京都市中京区式部町261 ヒューマンフォーラムビル 2F

電話:075-213-7733
営業時間:11:30-21:00(20:00 L.O.)
定休日:水曜日
公式サイト:mumokuteki – ムモクテキ

Veg Out

鴨川沿いにある、Veg out。鴨川を眺めながらゆっくりとした時間を過ごせます。植物のようにゆったりとした空間、心と体が喜ぶものを提供したいという思いからできたヴィーガンカフェだそうです。

アクセス:京都市下京区稲荷町448 鴨川ビル 1F

電話:075-748-1124
営業時間:8:00-21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜日
公式サイト:Veg Out

Vegans Cafe & Restaurant

ヴィーガン京都

アクセス:京都市伏見区深草西浦町4-88

電話:075-643-3922
営業時間:月-金・日 11:30-17:00(L.O16:30)
土曜日 11:30-21:00(L.O20:30)
公式サイト:Vegans Cafe & Restaurant

プレマルシェジェラート

プレマルシェジェラート

ジェラート専門店に15種類以上のヴィーガンジェラートがあります!写真は、抹茶とベルギーチョコ。

アクセス:京都市中京区三条通猪熊西入御供町308

電話:075-600-2846
営業時間:月・火・木曜日 12:00-18:00
金-日 12:00-20:00
定休日:水曜日 
公式サイト:Vegans Cafe & Restaurant

まとめ

ベジタリアンやヴィーガンの方はもちろん、そうででない方もぜひ一度食べてみてくださいね。

東京ヴィーガンランチ

おすすめヴィーガンレストラン【東京】外国人観光客からも大人気!

2018年10月20日