【おすすめ】フェアトレード&ヴィーガンチョコレート5選

ヴィーガンチョコレート ヴィーガン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!Kanako (@eco.japan)です。

ヴィーガン&フェアトレードのチョコレートを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

日本のチョコレート事情

正直スーパーで買えるヴィーガンチョコレートはありません。乳製品が入っているということだけでなく、白砂糖(牛骨フィルター)が使用されていることがほとんどです。

1枚100円で購入できる板チョコに疑問を持つべきではないでしょうか。コーヒーにも同じことが言えますが。カカオ栽培時に、児童労働、強制労働が行われていることも多いため、フェアトレード商品、環境を配慮した商品を購入することをおすすめします。

ヴィーガンって?

「ヴィーガニズムとは、衣食住全ての目的に於て、実践不可能ではない限りいかなる方法によるどうぶつからの搾取及び、どうぶつへの残酷な行為の排斥に努める哲学と生き方を表す(ドナルド・ワトソン)

つまり、ヴィーガニズムを実践する人をヴィーガンと言い、どうぶつのためにヴィーガンを実践しています。環境や健康はすばらしい副産物ですが、これらはメインではありません。

殺害、虐待、差別、搾取、レイプ、監禁に加担しない、「非暴力(Non-violence)」で成り立っています。

私たちがどうぶつを食べることで、数えきれないどうぶつたちが苦しみ殺されています。人間の手によってこの世に生まれ、死ぬまでずっと狭い場所で苦しみ続けます。

犬や猫は可愛がり、その他のどうぶつは食べたり、着たり、水族館や動物園などに監禁したり、実験したり、利用し搾取したり。これらは立派な差別で、「種差別(speciesism)」と言います。

暴力や差別に賛成の人なんていないはずです。反対なら、加担しない非暴力な生き方を選びませんか。

見るべき動画↓

ヴィーガンについてまとめた記事↓

【3分でわかる】ヴィーガンとは何か?ヴィーガンまとめ
ヴィーガン(ビーガン)についてまとめた記事です。ベジタリアンとは、ヴィーガンとは何か、ヴィーガンの歴史、ヴィーガンが食べないもの、消費しないもの、ハチミツ(蜂蜜)を食べない理由、乳製品(牛乳)を食べない理由、卵を食べない理由など。ヴィーガンの有名人、ヴィーガンおすすめドキュメンタリー、ヴィーガンレストランについてまとめてみました。
【完全版】 今さら聞けない...ヴィーガンとベジタリアンの違いって何?
ベジタリアンとは?ヴィーガン(ビーガン)は魚を食べる?はちみつ(蜂蜜)を食べない?ヴィーガンとは?ベジタリアンとヴィーガンの違いとは?プラントベースとは?マクロビとは?ペスクタリアンとは?フレキシタリアンとは?全ての疑問にお答えします!

Vivani

VIVANIチョコレート

成城石井さんなどで購入できるチョコレート。おすすめポイントは、パッケージにもVEGANと記載があること。それだけではなく、パッケージもエコ(FSC認証)で、中のビニールは植物性(Nature Flex)でコンポストができます。なんと40日で土に戻るそうです。

FSC認証

森林を適切に管理し、そのような森林から生産された木材を使って製品を作り、流通させ、消費者に届ける。このように森林の望ましい管理方法と、その森林に由来する製品を認証する「森林認証」という制度があります。

FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は、国際的な森林認証制度を行なう第三者機関のひとつで、

【1】 森林環境を適切に保全し、
【2】 地域の社会的な利益にかない、
【3】 経済的にも継続可能な

森林管理を推進することを目的としています。

環境にやさしい森林認証制度、FSCについて

Nature Flex

NatureFlexは当社が開発した包装用フィルムで、環境への責任をより考慮した包装に対しますます高まる消費者からの需要に、環境的に対応する包装素材の選択肢となります。このバイオマスフィルムは再生可能な資源(管理された森林からの木材パルプ)から作られ、インダストリアルコンポスト(産業堆肥化)の基準となるヨーロッパ(EN13432)とアメリカ(ASTMD6400)の認証を受けています。

Nature FlexTM(ネイチャーフレックス)

iChoc

ichocヴィーガン

iChocはドイツのチョコレート会社。ヴィーガンチョコレートはダークが多いなか、こちらの会社ではホワイトチョコレートやミルクチョコレートなどもあります。ミルクはもちろん牛乳ではなく、ライスミルクを使った濃厚なチョコレート。ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートが好きな人に食べてもらいたいチョコです。公式サイトには「No Animal Suffering(どうぶつの苦しみなし)」とも記載があり、アニマルライツな会社です。

大阪では、ムスビガーデンさんにて取り扱いがあります。

Dardenne

Dardenneヴィーガン

70%以上のチョコレートはヴィーガン認証マークがついています。砂糖ではなく、アガベシュガーが使用されています。フェアトレード・オーガニックカカオなのも魅力。

大阪では自然派スーパー、キャロットさんにて取り扱いがあります。下のGRACIA DEL SOLチョコレートも同じくです。

GRACIA DEL SOL

gracia del solチョコレート

プラントベース認証マークつきです。こちらのチョコレートはまだほとんど買うことができないレンズトレード商品。

レンズトレード商品

一般的なフェアトレードチョコレートは、最終的な製品のわずか3~5%の利益にしかならないといわれています。ロベール社は、加工から商品化まで全ての工程を行うため、100%国内に利益が落ち、これをレイズトレード「Raise Trade」と呼びます。さらに良質なカカオにはプレミアムを支払うなど、国内でフェアトレード的な取り組みをしています。

「フェアトレード」より一歩先へ「レイズトレード」

People Tree

people treeヴィーガン

自然派系のスーパーやお店で取り扱いがよくあるチョコレートです。パッケージにVeggieと記載があります。フェアトレードで一部ヴィーガンチョコレートの販売があります。

まとめ

今回は5つのチョコレートを紹介しました。ヴィーガンの方、そうでない方ぜひ食べてみてくださいね。100円で買えるチョコレートに疑問をもちましょう。どうぶつの利用や搾取がないの?環境にいいの?人に優しいの?何でも疑問に思って生活することが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました