【豆乳ヴィーガン】調製豆乳はヴィーガンじゃない?

調製豆乳

キッ○ーマンさんの調製豆乳と無調整豆乳を比べてみました。調製豆乳の原料で気になるものがいくつかあったので、キッ○ーマンさんに問い合わせし確認しました。

ヴィーガンの方は「砂糖」だけの表記だと白砂糖?何?と気になる方も多いと思うので、参考になればと思います。また、添加物についても質問したので参考までに。

ヴィーガンについて知りたい方はこちらから↓

ヴィーガン

【3分でわかる】ヴィーガンとは何か?ヴィーガンまとめ

2019年7月2日

調製豆乳の原料

調製豆乳原材料

キッ○ーマンさんの調製豆乳の原料が以下の通り。

  • 大豆(カナダ、遺伝子組み換えでない)
  • 砂糖
  • 米油
  • 天日塩/乳酸カルシウム
  • 乳化剤
  • カラギナン
  • 香料

砂糖

砂糖についての回答

豆乳に使用しております砂糖は、さとうきびと胡菜を原料とした液糖でございます。

お客様係からの回答

ということなので、精製工程で牛骨炭は使用されていません。

砂糖の原料:さとうきびと甜菜が原料となった液糖

米油

米油の原料は、玄米を削り、精白米にする過程でできる「米ぬか」のことです。 「米ぬか」は、玄米の表層部分の胚芽や果皮、種皮、糊粉層で、油が20%ほど含まれています。

乳酸カルシウムと乳化剤

こちらも問い合わせました。

豆乳に使用しております乳化剤はパーム油、ヤシ油を原料としており、乳酸カルシウムはさとうきびやキャッサバを原料としております。いずれも植物性由来のものでございます。

お客様係からの回答

全て植物性由来のものなので安心ですが、パーム油を使用されているのが残念です。ヴィーガンはアウトですね…

乳化剤の原料:パーム油とヤシ油
乳酸カルシウムの原料:さとうきびやキャッサバ

カラギナン

カラギナンにつきましては、私共では動物実験は行っておりませんが、WHO(世界保健機構)や厚生労働省からも安全性を認めてられており、使用料の制限もない添加物ですので、何卒ご安心いただければと思います。

お客様係からの回答

カラギナンという添加物については、渡辺雄二さんの『危ない食品添加物ハンドブック: 食べていいのは、どれ!?』を引用させていただきます。

ラットに、カラギナンを15.25%含むえさを50日間与えた実験では、4日目から下痢が始まり、25%群の方が著しく、血便も見られました。また、ラットに発がん物質を投与し、さらにカラギナンを15%含むえさを与えたところ、結腸腫瘍の発生頻度が高くなりました。

渡辺雄二(2014)『危ない食品添加物ハンドブック: 食べていいのは、どれ!?』, p120

また、渡辺雄二さんの『食べるなら、どっち!?』にもこのように記載されています。

カラギナンは、急性毒性は弱いが、気になる動物実験のデータがいくつもあってやや不安が残るので、飲まない方が安心

渡辺雄二(2013)『食べるなら、どっち!?』, p95

私は、カラギナンは動物実験がされている添加物という点で避けたいと思いました。また、このように動物で実験しなければ安全かどうかを確かめられないものはどうなのかと思います。

香料

香料につきましては、具体的には申し上げられませんが、合成香料を使用しております。

お客様係からの回答

合成香料が使用されているそうです。

無調整豆乳の原料

おいしい無調整豆乳

原料は大豆(カナダ、遺伝子組み換えでない)のみ!

カナダから輸入された、遺伝子組み換えではない大豆が使用されています。

添加物が一切入っていないので安心して飲めます。また、おいしい無調整豆乳は豆乳独特の臭みもなくスッキリした味で、おいしく飲めます!

まとめ

調製豆乳はパーム油、カラギナンが使用されている点が残念だと思いました。無調整豆乳は添加物も一切入っていないので安心して飲めます。どちらを飲むかはご自身の判断でお願いします!