【完全版】ヴィーガンが牛乳・乳製品を食べない理由まとめ

牛の赤ちゃん ヴィーガン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!Kanako (@eco.japan)です。

ベジタリアンは、肉や魚を食べず、乳製品(牛乳・チーズ)は食べるという方が多いと思います。私も5年間ほどベジタリアンでした。私は乳牛さんは牛乳だけで、殺されないから食べてもいいというような考え方でした。

今回はベジタリアンにもぜひ知ってほしいこと、私自身がベジタリアンの時に知りたかったことをまとめてみました。

ヴィーガンについてはこちらをどうぞ↓

【3分でわかる】ヴィーガンとは何か?ヴィーガンまとめ
ヴィーガン(ビーガン)についてまとめた記事です。ベジタリアンとは、ヴィーガンとは何か、ヴィーガンの歴史、ヴィーガンが食べないもの、消費しないもの、ハチミツ(蜂蜜)を食べない理由、乳製品(牛乳)を食べない理由、卵を食べない理由など。ヴィーガンの有名人、ヴィーガンおすすめドキュメンタリー、ヴィーガンレストランについてまとめてみました。
【完全版】 今さら聞けない...ヴィーガンとベジタリアンの違いって何?
ベジタリアンとは?ヴィーガン(ビーガン)は魚を食べる?はちみつ(蜂蜜)を食べない?ヴィーガンとは?ベジタリアンとヴィーガンの違いとは?プラントベースとは?マクロビとは?ペスクタリアンとは?フレキシタリアンとは?全ての疑問にお答えします!
スポンサーリンク

乳牛はずっとお乳が出る?

牛も人間と同じ哺乳類なので、1年中お乳が出るわけではありません。お乳を出すためには、妊娠して出産しなければなりません。つまり、人工授精をしなければなりません。

お乳を出し続けるためには、産後約1〜2ヶ月で人工授精をさせられ、妊娠しながら人間のためにお乳を出し続けているのです。これを殺されるまで(牛肉になるまで)4,5回繰り返します。

子供を産んでから24時間後に、牛の赤ちゃんとお母さんは引き離され、牛の赤ちゃんは人工乳で育ちます。妊娠して苦労して妊娠・出産した可愛い我が子を、人間に誘拐される牛のお母さんの気持ちを考えてみください。

動画はフランスのテレビ番組で放送されたものです↓

The price of milk, cheese (dairy) and veal – separation of a cow and her calf (English)

どんな動物だって、お母さんです。人間だけに感情があるわけではありません。人間が飲む牛乳のために、牛のお母さんと子供が犠牲になる必要はあるのでしょうか。感謝すれば全て許されることでしょうか。私たち人間はこのようなことする権利があるのでしょうか。

以下は子供を探して泣き叫ぶお母さんの動画です↓

A Mother's Cry For Her Baby

乳牛の場合は、生きている間は人工授精(レイプ)と妊娠、出産を繰り返し、お乳が出なくなると殺される。この事実を知ってもまだ牛乳を飲めますか。私たち夫婦はこの現実を知ったその日から、ヴィーガンになりました。

そもそも、牛乳は牛の母乳です。人間の母乳も飲まないのに、なぜ他の動物のお母さんの母乳を飲むのでしょうか。そのような矛盾にも気づく方が増えてほしいなと思います。

ヴィーガンになった動画

この動画では5分間で酪農について、詳しくわかりやすく説明されています。ぜひ、見てください。乳製品・牛乳を買って飲むのは個人の選択だという人はたくさんいますが、被害者である動物に向かって「個人の選択」だと言えますか?

もし仮に、「個人の選択」だったとしても、牛たちがどのように扱われているのか、知る責任が私たちにはあると思いませんか?

DAIRY IS SCARY! The industry explained in 5 minutes

まとめ

もし人間が同じように、人間の母乳が売られ、女性は人工授精、妊娠、出産を繰り返し行うことになったら誰もが反対しますよね。犬のミルクが販売されると、署名運動、反対運動が行われると思いませんか?牛ならいいのでしょうか。被害者である牛さんの気持ちを考えてみてください!

タイトルとURLをコピーしました